2019年02月01日

ハーフ芸人

その子は黒人ですけど、日本で生まれ育っているし、英語もなにも話せないんだそうです。
そんな芸人がいまして、必死でためたお金でアメリカに留学しても、
現地の人にからまれ、どこから来た?に
「日本」
って答えると笑われたり(冗談だと思われてる)、

日本でバイトしようにも面接でびっくりされたり。
名前もまったく日本人なのでね。

子供の時は「かりんとう」っていわれたり。
でもそんなことも今は笑って言えるほどになっていて、芸人ですからね。
というか、ネタがたくさんあって面白いでしょうね(笑)。

こうなったらいいのです、そうじゃやなくていじめにあってひくつになっていると人生台無し。
いいじゃないか、自分は日本で生まれ育った日本人なんだ、
堂々としていようよ!

そんな見本になる子だなー、って思いました。
で、それは誰かって?

あ、、、名前、、知らない、、、調べたら出てくると思いますよ、まだ30台の子です。

2019年01月01日

ボストンの記者

映画「スポットライト 世紀のスクープ」で有名になったボストンのグローブ社。
映画に出てた人たちは羽生裕さんだけど、実名だったこともあって、
全米でこの記者たちは引っ張りだこなんだそうです。

取材が趣味というサーシャというゆいいつの女性記者なんてものすごい人気らしい。
今はこんな時代で、なんでもネットで情報が手に入る。
それでも取材して記事にするというスポットライトは今もあって、
人数は逆に増えているし、入りたくても入れない狭き門だ。

あそこに入りたいがためにそのためのスクールもできたそうですよー。
すごいですね。

映画だったから、ではなくて、もちろんこのスクープは当時ものすごい話題になって、
いまだにカソリックのこの問題は世界じゅうのあちこちで問題になっています。

本当はけっこうな人が知っていたのに、カソリックがそれを隠したし、新聞社でさえも
「我々に教会は必要な者」
と、記事にしなかったのを、スポットライトはしたんだね。
報道に嘘があってはいけないのだ。
なんでも真実を暴くのが取材と記事、やったねー、グローブ社。
さすがです。

ボストンにいってみたくなりました(なにしに??)。

2018年12月01日

行方不明者

全国には行方不明になってそのまま、生きてるのか死んでるのかもワカラナイ人が大勢います。
子供の時に急にいなくなった、とか、大人になっても、、、とか、
自らいなくなったのかどうかもワカラナイ人があんがい多いんですねー。

以前ならすぐに北朝鮮が!・・・ってなったかもだけど、わからないし、
そうだとしても確認のしようがない。
北朝鮮はぜったい否定するだろうし。

さてそんな中、有名みたいですけど、記憶喪失になって保護された人がいて、
テレビで公開調査したんですね。
いろいろと情報はあったけど、有力な情報はDNA鑑定で違うってなってしまった。
では誰なのか?
本人も分からないし、今も調査は続いていると思うけど、
こんな人もいて一時はすごい騒ぎになったみたいです。
(私は知りませんでした)

顔だけでは分からないもんですね、確かに疾走当時の子供の顔と、今の顔って似てるんですよ。
あれでは情報がたくさん着てもおかしくない。
警察も大変です。

彼の、1日でも早い解決を望みます。

2018年11月01日

実力行使

映画のセリフで「実力行使だ!」ってなところがあって、いっしゅん、そのストーリーの流れ的におかしいセリフだなとは思ったのですが、どうもそうでもないらいく。

その映画とは「サフラジェット」でしたが、あの映画に一瞬だけ出てくる
メリル・ストリープ演じるミセス・パンカースト、という人は実在の人です。
あの映画のお話しそのものも本当にあったことです。
キャリーが演じたモードさんが実在かどうかは謎です、、、(おそらく架空)。

イギリスの工場で働く女性たちが男女平等を訴えて問題になったりしたのですが、
もともとはハイクラスの女性たちが起こしたと言われています。
この動きがあったからこそ今の男女平等の世の中になってきたんですよー。

とはいっても完璧な男女平等ではありませんけどね。

でも女性の首相が生まれたりはしているし、少しづつ変わってきていると思います。

そんなキッカケの中心となったミセス・パンカースト。
日本では有名ではないけど、あの映画で少しは理解してもらえたと思うし、
是非教科書などでも取り上げてほしい人物です。
この人は労働階級じゃなかったんですよー。

レースの馬に飛び込んで亡くなったエミr-さんも、すごい人なので、
この人についても取り上げてもらいたいとすら思います。

日本での女性の選挙権がいまあるのも、こういう世界での活動があってこそ、なんですよー。

2018年10月01日

ビール飲んだ

年間を通してあまりビールって飲まないのですが、胃が荒れているのか
むしょーに飲みたくなって夕方から飲んでしまった。
少し飲んだ時は気持ちがよかったけど、コップに2杯目くらいになると逆に胃がおかしくなってきて、
あー飲まなきゃよかった、って感じになった。
文字通り飲まなきゃよかったんだけど、飲んでしまったものは仕方がない。

しばらく横になって、少し楽になったところでお風呂に入った。
なんだかグータラな日だなー、、って、もう仕事は終わってるんですけどね。

ビールはいけないな、自分にあってない、でも、何か飲み物を一気に飲みたい時はビールに限るね。
夏でもあまり飲まないのに、、、しかも、冷えてるのがすきじゃないから
冷蔵庫にないもの、外にでてるものを飲んだんです。

あれで冷えていたらもっとごくごく飲んでしまったかも。

なんだかやる気が出ない。
やる気スイッチがあったら欲しいくらいだ。
自分のやる気スイッチって何だろう・・・・・評価かなぁ、、、、お金かなぁ、、、
何かのやりがい、、、これだねー、でもね、なんでもいいのです、
何かあってそれがスイッチならいいじゃないか。
何もなかったり、スイッチが見つからない方が困るよね。

今日はビール飲んでしまってダメな話しか書けないけど、明日はやる気モードいっぱいえ元気になってるかも。
そんな下の為に今日はビール飲んだのかもですよね。
そう思わないとやってられないし!

2018年09月01日

WiFiがきかない

タブレットを買いまして、フリーWiFiのところで繋げたら、
繋がるものと繋がらないものが出来ました。
すぐにラインで「繋がらないよー」って友人に助けを求めたら、
画像つきで「こうみたい」って。
でもそれだけじゃ解決にならないから「どうしたらいいの?」って聞けば、
また画像つきで説明が流れてきた。

おい、まてよ、どうしてラインは繋がってるのにタブレットの一部はダメなの?

まーいい、ダメなものはダメなんだよ。
(ラインはWiFiなくてもつながるっていうけど、私のはつながりません)

その時は用事があってこれ以上できなかったけど、今度またフリーWiFiのところで繋がらなかったらあれを見て頑張ってみようと思います。
いやー、いい友人を持つといいねーー。

こんなふうに、最初は戸惑うことが多数。
タブレットは便利だけど、つながらなかったらどうしようもないじゃないか。
しかもその解決策が分からないとこれはもう致命的。
自分の知識不足がそうさせているんだけどね。

どこでもスムーズにつながるようになたtらタブレットは楽で、そして便利もの、って書けるかもです。
まだまだ勉強中だなー。

2018年08月01日

そんなんだったのか、、

女優、、、タレントさん??・・・の南野陽子さんの旦那さんがあれているようです。
結婚してたの?なきらい知らなかったことなのですが、
どうやらとんでもない旦那さんのようです。

南野陽子さんの4歳年下の夫・・とされる容疑者が暴行を働いたのは、
銀座のクリニックの〈実質的な経営者〉をしていて、
床にうつぶせにさせた従業員の尻を竹刀で叩いて、
全治2週間の怪我を負わせたというであhないか。

竹刀って。。。。剣道でもやってたの??

結婚当初から悪いうわさがあったそうで、
(結婚当時に騒がれたことすら知らない、、、汗)
借金があったとか。

銀座ママとの不倫、さらにそのママが妊娠して、
裁判になて(たしか)、養育費の支払いを命じられたけど、
それすらも滞納、、、ダメでしょ、こいつ。

金遣いも荒くて、そのしりぬぐいは南野陽子さんがしてるんでしょう。

周りはどうして離婚しないのか不思議らしいのですが、、、、どうしてなんでしょうね。

しばらく見守りますか、、っていっても結婚したことも知らないのに、
大きく報じられない限り知りようもないのだが。。汗

2018年07月01日

名付け親

なにかの、、っていうか、ほとんどは子供とか、ペットとか、なのでしょうけど、
名前をつけるって事がありますね。
フランスでそれで夫婦で(おそらく)喧嘩になってなんと裁判にまでなったらしく、
そうなると判事が名前をつけることもあるのだそうです。

なんでも、女の子なのに男の子みたいな名前をつけようとした
片方の親が反発したらしいけど、、、、なんだかすごいね。

フランスでは男女両方に通用する名を付けるという習慣がなくて、
多くの名前はFrancois(フランソワ)とFrancoise(フランソワーズ)、
Jean(ジャン)とJeanne(ジャンヌ)、
Christian(クリスチャン)とChristiane(クリスチアーヌ)
のように綴りの点でもはっきりと区別がなされているからだとか。

それにしても、、、いいじゃないか、と思ってはいけないのだろうか、

判事も大変な仕事ですな笑

でも人の名前をつけるのって好きだから、この場合はいいな(^^)、
判事になっても(なれるか!!)。

2018年06月01日

スペル間違い

飛行機に乗って外国に行く時にはパスポートが必要です。
そのパスポートに記載している自分の名前のスペルを、
間違えて記憶している人がいて困る。

1つでも間違いがあると飛行機に乗れませんよーーー。
分かってますかーー?

間違いは誰のせいでもないです、本人の申告制なんだし。
だからパスポートのコピーを送れっていう会社があるのに、
それすら面倒臭いと感じるらしい、まいったものだ。困ったもんです。

どうかそういうミスをなくすために、面倒がらずにちゃんと確認して、
そして自分の名前のスペルも完璧に覚えていてくださいな。
お願いしますーー。

自分の名前ですからーーーー!

覚えにくい名前の場合もあるし、年齢などによって覚えにくいかもですけど、
どうかお願いしますーーー(大文字にしたい)。

それで飛行機に乗れなかった人もいるみたいですよー。
大変なことじゃないですか、、、ねぇ??
そこまで考えないのかな?こわーい。

2018年05月01日

コインランドリー

実はコインランドリーって使ったことないんだけど、
あればかり、って人も多いって聞きます。
言えに洗濯機がないか、置くスペースがないとかね。
あるいは壊れてるとか。

その大手(なんだろうか?)会社が強気らしい。
儲かってるらしいのです。
へー・・・。

社長さんがいうには、
その社長さん、証券会社、ファストフード、不動産などのビジネスを経験してきましたけど、
2000年ぐらいに少子高齢化がしきりに言われ始めたとかで、
6千万人という政府の長期的な人口予測も出て、
それに対応したビジネスを組み立てる必要があると痛感したんですって。

不動産業のように稼働率が高い分野ほど人口減少の影響を受けるんだよね。
逆に利用率が低いビジネスの稼働率を上げれば、
売り上げが伸ばすことができる。うん。

コインランドリーの利用率は当時3%で、しかも大企業はないし、FC化もやっていない。
半年くらいでビジネスモデルを組み立てて事業化に着手したとかで、
すごい成長をしてるんだって。

コインランドリー、すごいんだねー。
それだけ活用してる人がいるってことですもんね。

カテゴリー

Powered by
Movable Type 3.38